2016年03月11日

5年前のあの日

5年前のあの日、千葉県内の某所で通販の受電の仕事してました。
14:45から休憩の人たちが席を立った直後に揺れ始め
最初は軽い揺れに「うわぁ、地震だねぇ」とヘラヘラしてたけど、どんどん揺れが大きくなってみんな顔面蒼白。

事務所内の水槽から水が溢れ
来客用の食器棚から食器が飛び出し
パソコンのモニタが倒れ始め…

電話中のスタッフは電話を切れずオロオロ…
電話の相手が揺れてる地域の方ならともかく
西日本の方と話をしていると相手にあの緊迫感は伝わらないわけですから。

1番仲の良かった子と抱き合って震えてた数分間。

揺れがおさまってから、社長による避難指示。
寒空の中、訳もわからず駐車場に避難。
みんな家族に電話するけど、携帯電話が繋がらない。


とにかく大きな地震があったのは理解したけど、あまりのショックにみんな呆然。

カーナビのテレビで東北の津波のニュースを見て、自分達のいる所よりも大変な地域がある事を知りさらにショック。

会社の電話もつながらないので、社長よりこの日はそのまま帰宅指示。
車通勤の人が多かったので、殆どの人がすぐに帰宅。
私は電車通勤だったので他の人に送ってもらって帰宅。

帰宅途中に公衆電話を見つけて、実家に電話。
まだこの時は何が起こってるか両親も理解してなくて、気が抜けるほどあっさりした反応。

家に帰ったら速攻で貴重品まとめて、何度もやってくる余震におびえながら玄関に近いリビングで1晩過ごしたのを忘れない…



posted by ACCO at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

至れり尽くせりの時代

以前から、地震や台風などの大きな災害の度に思ってた事。
日本は本当に災害時に至れり尽くせりだよなって。

そう思うのには訳がある。

私の父は太平洋戦争を経験している。
兵士などではなく、一般市民としての経験だ。

当時の事はあまり多く語らない。
聞けば答えてくれるが、大きな心の傷になっているのがわかるから突っ込んで聞けない。

爆撃で家を吹き飛ばされ、機銃掃射で追いかけられた経験がある父は、何十年も経った今でも時々夢でうなされている。

今なら「PTSD」という言葉がありそれを防ぐためにカウンセリングなどが行われている。

父の姿を見ているから思うのだが、本当に今の人たちは恵まれている。
そして、父のように半世紀以上もの長い間苦しまないようにしっかりとカウンセリングしてあげて欲しい。


先日、帰省した時にも父と話をしたが戦時中は家が吹き飛ばされなくなったら自力で何とかしなくちゃいけなかった。
近所の人たちが資材を提供してくれたりするが、後は自分たちで掘建て小屋を作り、一日でも早く自立せざるを得なかったと。
それに比べて今は、政府や自治体、多くの人たちが手を差し伸べてくれるのを待ってるだけでいいんだな…と。


そういう見方もあるんだな…としみじみ感じてしまった。

posted by ACCO at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

ちょっと泣きそうになった話

知人の妹が目撃した話。

電車内で大きな荷物を抱えた家族連れを見かけた。
憔悴しきったような表情から、おそらく被災地から避難してきた人だろうなと感じていた。

その家族連れに一人のおばさんが近づき、いろいろと話しかけていた。
そしてその家族の手にお金を握らせて「少しでも足しにしなさい」と言っておばさんは電車を降りた。

おばさんが電車を降りた後、その家族は号泣していた。


その話を聞いた時、思わずこっちまで泣きそうになって慌てて目を反らしてしまった。

posted by ACCO at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人支援と買い占め

ちょっと引っかかってしまう事。

ネットで
「被災地にオムツなどを送ろうと思ってお店で買ってたらまるで買い占めしているかのように冷たい目で見られた。」
と怒っている人を何度か見かけた。


例えば、東北に知人がいて頼まれて買っているならまだしも、最近自治体などで受付の始まった個人支援で送るために買ってるとしたら何かちょっと違う気がしてしまう。

実際に店頭に並んでいる量と、購入する量の割合にもよるだろうけど。

宮崎に住む母が、宮崎でもペットボトルの水を買う人が急激に増えてると話していた。
被災地や先日放射性ヨウ素が検出された東京などへ送るためだったとしても、やりすぎは結局買い占めと一緒だと思う。

わざわざ大量に買うくらいならそのお金を募金した方が効率的な気もするんだけどどうなんだろう。


だからと言って、大量に買う人をすべて白い目でみるのも偏見になるんだよな。
人それぞれ理由がある。
被災地にいる知人に送るためかもしれない、その人自身が実は避難してきている人かもしれない、そんな風にちょっと考え方を変えるとすべての人を疑いのまなざしで見るのも失礼な話だ。

posted by ACCO at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

できる事は人それぞれ

ニュースなどで有名人や大手企業が、何千万円、何億円寄付したというニュースが溢れる。

復興にはいくらお金があっても足りないから、出せる人が出すのはありがたい。

ただ日本の企業が簡単に何千万も寄付できるほどの状態ではない。
数万円寄付するのがやっとの企業だってある。
寄付を出すのが難しくて、商品や人を提供するのがやっとだって言う所も多い。

それを見て「ケチだ」「セコい」と思うのは勝手だけどそれを企業に対して言うのはすごくひどい言葉を投げかけてるって気がついて欲しい。


それでなくても最近ずっと日本経済が低迷していたのは覚えているだろうか?
そんな矢先にこの災害で、売り上げが激減し、本当に苦しい状態になっている企業はかなり多い。

これから復興するまでしばらくの間は売り上げを下方修正しなくちゃいけない企業だって宅団ある。

それでも何か力になりたくて物資を送ったり、人を派遣したり、売り上げの数パーセントを寄付したりしている。

各地に設置される避難所へ住むことができるように物資を提供したり、自治体や医療関係に物資を提供したり…一般の人の目に見えない所で協力している企業や団体、人たちはいっぱいいる。

直接お金を出すわけじゃなくても、そうやってみんな自分にできる範囲の事で何かやろうとしている。


いろんな寄付の金額などをみて、「ケチだ」「セコい」と思ってしまうのであれば、きっとマスコミから流れる一部の情報だけをすべてだと信じ込んで視野が狭くなってしまっているんだと思う。

テレビを消してインターネットから離れてみてはどうだろうか?


…大人げないかもしれないけど、企業に対する心ない言葉を何度か見かけてカチンときてしまったので…。

posted by ACCO at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。