2011年07月10日

2人乗りベビーカー

昨日、双子ちゃんの母である高校時代の友人にあった時にちょっと出た話題。
最近、双子はもちろん双子以外でも二人乗り用のベビーカー使う人が増えてるんだよね。

ただ、店頭にいくつも並べてるわけじゃないから実際に比べるのは困難。

そこで出たベビーカー。
フィル&テッズ。
Phil&teds フィル&テッズ 2人乗り仕様ベビーカー スポーツ グラヒィットダブルキット レッド / Phil&teds

別売りのダブルキットをつければ2人乗りにできる。
後に乗ってる子は前が見えなくてぐずらない?って私たちも気になるけど実際撮影のときなんかには以外と楽しんで乗ってくれるみたい。

見た目もかっこいいし、最近じゃディズニーランドとか上野動物園とかでもみかけたし少しずつ流行り始めてるのかも。
ココで注意点。

ぶっちゃけ、めちゃ重いです。
折りたたみも簡単とか言うけど、最初慣れるまではめちゃめちゃしんどいです。
折り畳んだり開いたりするのを試すだけで汗だくになったのは私です。
外出先で折り畳むのは無理だと思います。

■結論■
使用シーンは持ち上げたりしないフラットな場所(テーマパーク、遊園地、動物園など)でパパが使う事前提。
電車やバスと言った公共交通機関での移動には不向き。
住んでる家も、エレベーター完備で広い保管スペースがあるマンションか、一戸建ての人向き。

重い、折りたたみが面倒な以外は悪くないんですけどね。


posted by ACCO at 06:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | ベビー用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

ベビー&キッズEXPO

昨日は午後から仕事でビックサイトで開催されたベビー&キッズEXPOに出かけてきました。
コンビやアップリカ、ピジョンなどの超大手は出展してないものの、多くのベビー用品メーカーが出展。

もちろん数社心動かされる商品はありました。
N社の木製ハイチェアの新商品とゲート、S社のバウンサーや椅子など何通りにもなる商品、D社の有名だっこ紐の限定商品、G社のベビーカーなど。
他にも新商品で気になるものはいくつかありました。

ただ、なんて言うかベビーカーやチャイルドシートが「これってコンビの○○に似てない?」「雰囲気がアップリカっぽいね」っていう商品がたくさん。

もちろん日本じゃコンビやアップリカが一番人気だから、似ている商品が売れるのは分かるけど明らかにそれらを意識しているデザインの商品が多いのも事実。

オリジナリティがない商品がこれから市場には溢れそうな予感。
ベビー用品を購入する人たちも雑誌に踊らされてたり他の人が持っているモノがベストだって思ってしまうのも理由だろうね。

展示会自体は楽しかったけど「これ発売されるのめっちゃ楽しみ!」というような商品があんまりなかった事をココに報告しておきます。

posted by ACCO at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベビー用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

搾乳機、すごい!

赤ちゃんは母乳で育てたいけど出が悪い、逆にたくさん出すぎるから搾乳しないと大変!など出産後に搾乳が必要になるお母さんって多いんですよね。

病院では搾乳機があるから便利だけど、自宅に帰ったらどうしよう…みたいな。
安い手動の搾乳機もあるけど意外と面倒なんですよね。

育児で疲れて大変なのに、搾乳が上手くいかなくてイライラなんてしたくないですよね。

そんなお母さんたちにおススメなのが搾乳器「シンフォニー」。


1ヶ月のレンタルとダブルポンプセットの購入で13,230円です。
一見「1ヶ月でこの値段、高くて無理」って思っちゃうかもしれませんが、この搾乳器は本体が○十万円もする高価な商品ですのでかなりいいんです。

マッサージモードから始まって、搾乳へリズムが切り替わるので自分の状態に合わせて使えます。

あと、母乳の出が悪い人ほどダブルポンプセットが実はおススメなんです。
両方のおっぱいを同時に搾乳することで、体が双子を育てていると錯覚するようになり、母乳の出がよくなるんだとか。

多くの産院でも使用されている搾乳器なので手動でストレスためちゃうよりはかなりおススメです。


posted by ACCO at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベビー用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クーラー苦手な家庭におススメのベビー用ゲート


赤ちゃんやペットのために、ゲートを設置している家庭は多いと思いますが、ほとんどが廊下などに取り付けるものばかり。

ですが、今年、サッシに取り付け可能なゲートが登場しました。

とはいえ、最近はサッシのサイズも色々ありますので、まずは取り付けたいサッシが対応しているかどうか確認が必要です。

片側間口74~92cmのアルミ製サッシ。(樹脂アルミ複合タイプは不可)
※別売拡張フレーム・ワイドパネルを使用すれば最大122cmまで設置可能。

2枚引き違いサッシの掃き出し窓(テラスタイプ)。

厚さ2.5mm以下の下部レールがあるサッシ。

幅30mm以上のスペースがあるサッシ枠(取付ボルトでゲイトを固定する為に必要なスペース) ※サッシの形状により設置できない場合がございます。



この条件をクリアしていれば取り付けられるゲートです。


このサッシゲイトは、サッシだけじゃなく室内にももちろん取り付け可能。
だからもし購入してどうしてもサッシが未対応だった場合は…家の中に取り付けちゃえ(笑)


さて、どうしてこんなゲートが生まれたのか。

身の回りで聞いたことがありませんか?

その1
洗濯ものをちょっと干そうと思ってベランダに出たら子どもに鍵を閉められてしまった。
子どもは面白くてやってるから、開けて!って言っても伝わらなくて数時間締め出されてしまった…。

その2
ちょっとベランダに出るだけのつもりでうっかり開けっ放しにしてたら
いつの間にか赤ちゃんがベランダにでてひやっとした!


そういう事態を防ぐために、おススメなゲイトです。
これからの一番暑い季節はもしかしたらそんなに需要がないかもしれませんが、涼しい季節がやってきたらかなり需要がありそうな商品です。


posted by ACCO at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベビー用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。