2010年09月09日

作戦は複数用意!

今月に入ってから、メガネ屋のJINSのオンラインショップがリニューアルしたものの、リニューアルにミスったらしく現在オンラインショップを停止している模様。

JINS http://www.jins-jp.com/
JINS ONLINE SHOP http://www.jins-ec.net/

リニューアルしたショップの停止から、旧システムでの再開まで約1週間。

時間かかりすぎ。


新規オープンならともかく、リニューアルって難しいんだよね。
それまでの既存顧客が存在しているから、トラブル発生した時のダメージはデカイ。

もちろん新規オープンでも、広告などを散々行っていればダメージは大きいけどね。


まず、ミスがない事などのチェックを念入りに行う必要があるのは当然の事。
本来なら一人でも多くの関係者にテストしてもらって、バグがでないかチェックするべきなんだよね。
バグチェックには、制作に関わった人の他、普段ネットで買い物をしない人にも参加してもらうのがベスト。
仕様書の範囲を超えた操作をした時に、大きなエラーが出ないか確認する必要があるからね。
制作にかかわった人だけでチェックすると、自分たちの考えの中でしか操作しないから意味ないんだよね。


ただ、リニューアルともなるとたいていのネットショップは仕様が複雑になっていたりするから本番の切り替えの際に、「万が一トラブルが発生した時に切り戻す」という手段を頭の片隅に置いておく必要があると思うんだよね。

まあネットショップに限った事じゃないんだけどさ。
システムのリニューアルの際には、100%トラブルがないって思い込むのが一番のミスだと思うんだよね。
絶対にミスしないっていう気持ちは大切だけど、「万が一」の備えも大切。

私も今まで何度もリニューアルを経験してるけど万が一に備えて、旧システムに戻す方法は必ず残してたし残念ながらそれを実践した経験もあるんだよね。

ネットショップでそれなりのアクセス数があるサイトなら、トラブル発生から30分〜1時間で判断して実行しないと大変な事になるから。

おそらく、最初に就職した会社での技術職の現場経験が染みついて、トラブル発生時には一旦戻して検証、リトライという習慣がついたんだろうけどね。


もちろん、元に戻さずに一旦停止した状態で修正してリニューアルを押し切る方法もあるけどそれは原因がはっきりしてる時だけだと思う。
原因が明確じゃない時や、復旧の時間が見当もつかない時は一旦元に戻す勇気も必要じゃないかな。

リニューアルは現場を取り仕切る責任者の判断力が試される瞬間だと思う。



2007年07月11日

領収書

私たち、フリーランスや個人事業主などにとって、経費として計上するものについては、領収書は命だ。

領収書がない経費なんて、バスや電車などの交通費以外は基本的に認められない。

だから、日々買い物をするときは、仕事にかかわるものであれば100%領収書をもらうようにしている。
私は、うっかりもらい忘れを防ぐためにも、何でもかんでも全部領収書をもらっておいて後で、経費計算の際にいらないものを捨てるっていう風にしているくらい。

普通、コンビニやその他商店などでも、基本的にレシートは必ずお客様に渡すように指導が行われているはず。
(これは、後からトラブルにならないためなんだよね)
だけどさ、たまにレシートを渡さない店員がいると、だるいんだよね〜。
「レシートください」って言うの面倒なんですが(笑
しかも、面倒くさそうに舌打ちされた日には、受け取る瞬間までガン見してやります(爆


ちなみに、自宅を事務所にしている私の場合だと、家賃や光熱費の一部も経費対象にできるらしいので、きちんと記録を残している。
そのくらい、一般の人たちは一生懸命領収書ってものを残しているんだよね。

これって、一般企業でも一緒だよね。


政治家は一部についてこれが免除されてるのは、その領収書によって政治的に困ることが出てくるからでしょ?
たとえば、どこで誰と話していたのかが領収書によってわかってしまったら、政治に影響が出るとかそんな理由からでしょ?
それを悪用しないでほしいよねぇ>赤城農水相!
今回の事務所費問題、これは何で領収書が出せないのかわからない。
確かに出さなくてもいいのかもしれないけどさ、あまりにもひどすぎない?

「法律で出さなくていいってなってるから出さない」
「国民には理解してほしい」って。。。

いやぁ、日本の政治家ってこんなレベルなの?
政治家の言い訳見てると、日々「なんでやねん!」と突っ込みを入れたくなるし(笑

この赤城氏自身が、レベルの低い言い訳しかできないのはどうでもいいんだけどさ、こういう身辺がクリアじゃない人を次々に官僚ポストにおいてしまう安倍総理やその周辺の人にドン引きだね。
普通は、こういう重要なポストに任命するためには、身辺について調査するんじゃない?
調査不足も甚だしいよね。

「国連常任理事国入り」なんて言ってる場合じゃないんじゃない?
国のTOPがこんなレベルの低いことを繰り返してたら、せっかく今まで支援してくれていた友好的な国々も鼻で笑ってると思うよ。

2007年05月15日

日々進化

現在、仕事のメインはWEB制作やメンテナンス、コンサルなど。
さらに、アクセス解析なども行っている。

アクセス解析は、元々以前いた会社で自社分のサイトについて行っていた物を、サービス化し(といっても担当は私だけだったけど…)、そのまま今もサービスとして行っている。

アクセス解析だけなら、最近はソフトが簡単にやってくれるし、ホスティング業者がサービスとしてツールを提供している場合も多い。


「どんなキーワードで」「どのページに」「何件アクセスがあったか」


このくらいなら、だれでもわかるようになってきた。
ただ、これがわかったからと言って、それを生かす方法というのは自分で考える必要が出てくる。
これが一番大切で大変な作業である。

この作業をサービスとして行っているのだが、以前はほとんどがある程度ネット社会をわかっているお客様相手だったので楽にサービス提供できていた。
現在では、初心者のお客様にもわかる資料作りを求められている。
実際にここ数ヶ月で作った資料は、以前の物と全く違う雰囲気になってきた。

日々是勉強といった感じである。


以前は一般コンシューマー向けの資料をよく作っていたので、抵抗は無いが、難しい専門用語をいかにわかりやすく噛み砕くか、数値が表している物がいったい何なのかが一目でわかるかなど、頭を悩ます事項が多い。



このようなサービスは、当然大手企業がやってるものとぶつかるので、お客様は大手と私のサービスを比較検討することになる。
ネームバリューでは負けるが、何で勝てるのか…。
(ここでは言わない・笑)

フリーランスとしての仕事は大変だけど、大手企業との比較で勝つこともできる喜びがある。




人気blogランキングへ

2007年04月24日

責任

フリーランスで仕事をすると、自分が関わった仕事については、しっかり責任を持たなければいけなくなる。

もちろんフリーランスじゃなくても、最後まで責任を持つことは当然なのだろうが、それまで会社員として最後に誰かがカバーしてくれる立場でいた人に取っては大変なこととなる。

これは、自分が直接お客様の仕事をしているときはいいけど、例えば自分の手に負えなくてそれを別の会社に依頼した時、大変さを思い知る。


最終的なエンドユーザがきちんとした企業であっても、仲介に個人が入るとなめてかかる企業もいる。
また、依頼する企業をきちんと見極めないと、たらい回しにされたり、話にならなくて、結局依頼した方が仕事とストレスが何倍にもなって返ってくることもある。

(現在、まさに後者によって多くの時間を割かれてしまっている)



これは、相手が企業じゃなくても然りだろうけど、仕事を依頼する相手については、最初から最後まで責任を持てる相手を選ばないと、自分が苦労するだけで得る物がないなとつくづく感じる。


今回は、いい勉強になったと思うしか無いんだろうけど。

2007年04月19日

快感…

WEBの仕事に関わるようになってすぐにSEO(検索エンジン対策)の勉強をしました。
(正確に言うと、当時の会社の社長に勧められたのですが。。。)

SEOとかアクセス解析とか、どうも私の性格に合っているらしく、最近ではログを見るだけでもワクワクします。(苦笑)

そんな中、先日ページリニューアルをしたお客様のページがGoogleで表示されるようになりました!
今までは、サイトの名前を入れても表示されなかったのに、今日見たらGoogleで5位。
Yahooはまだですが、いい兆候じゃないですか。
こういうのって快感なんですよね。
自分が携わったページが検索で上位に表示されると、思わず鼻歌が出ちゃいます。

逆に、どんなに頑張っても上位に上がってこない時、テンションが下がりまくります。
実際、しばらく自分のページが検索エンジンできちんと表示されなくなった時、かなり落ち込みました。


人に言うと変人扱いされそうですが…(笑)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。