2007年02月25日

引越日記 その19(住民票移動)

いろんな手続きの中で、大変なのが住民票の移動。

必ずしも区役所の近くに住んでいるわけでもなく、
しかも土日には手続きができないわけで、
一人暮らしで働いている人にとっては、ちょっと面倒な作業。

まずは今まで住んでいたところに、転出の届け。
これを今まで住んでいた「文京区」に出してきました。
文京区役所は知ってる人はわかると思うけど、駅から直結の
大きなビルの中にあって、かなり近代的な区役所です。
天井も高いし、明るいし、区役所っていうより大企業のフロアにきた気分。
事務員も非常に事務的です。

書類を書いて提出後、すんなり終了。
ちなみに、もうすぐ選挙があるのでその投票に関する注意点だけ
説明を受けました。
新しい住所の区役所で選挙用の無料の住民票を出してもらえれば、
文京区で投票できるんだって。
…文京区まで投票に行くのちょっと面倒だけどしかたないか。


次に新しい居住地「葛飾区」にて転入の手続き。
葛飾区役所は文京区役所と打って変わって駅からちょっと歩きます。
(徒歩5分以上)
建物も、いかにも〜〜って感じで、外観から思わず、
宮崎県に帰ってきたのか?と錯覚したくなるほど。
昔からある建物を改築・増築しながら使ってるんだろうなぁって感じ。
つまり、わかりにくくて迷子になりそう。
職員はすごく丁寧で親身になってくれます。
書類を書こうとしたら、すぐに職員が来てくれて、
丁寧に説明してくれました。
(しかも椅子まで引いてくれるし!!!)
書類を書き終わったら、地図を引っ張りだして、
私の家から近い警察署とそこまでの行き方など教えてくれました。
すごく丁寧!
決して文京区役所の対応が悪かったわけではないけど、
葛飾区役所の対応は、すごく良かったです。

建物の古さといい、職員の温かさといい、
本当に宮崎に帰ってきたみたいな感じがして落ち着くなぁ。
葛飾区に引っ越してきて大正解♪


posted by ACCO at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引越日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引越日記 その18(インターネット:番外編)

インターネットが無事開通したので、LAN構築に入る。
開通の翌日、無線LANカードを買ってくる。

これで快適なインターネットライフ〜!
と思っていたら甘かった。。。

なぜか、セキュリティを固めると無線通信できなくなる。



私、そういう仕事してる人ですが何か?


そういやぁ、昔から電話サポートとかでも、
NTTの機種とは相性悪かったんだよねぇ。
なぜか解決しないことが多かったし。
YAMAHAとかIOデータとか、メルコなら何とかなるのに。

仕方ないので、MACアドレスでの制限だけかけて、
パソコン側にもFW設定して、とりあえずはギリギリのセキュリティを
守ってるレベル。

早くセキュアな環境を構築しないと。

posted by ACCO at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引越日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引越日記 その17(インターネット:後編)

インターネット工事日、やっぱり想像以上にネタが待ち受けていました。

工事日、外出していた私が帰ろうとすると、
電車が電源系のトラブルで止まる…。
しかも乗り換え予定の駅より手前で止まっておろされるし。
おかげで帰宅が遅くなる…。

工事って、時間が結構曖昧なんですよ。
私の場合は13時から17時の間に行きますのでって。
もう少し時間の幅を狭めるか、前日には連絡もらいたいなぁ。
4時間も自宅に高速ですからねぇ。

で、よりによって1件目となってしまったらしいので、
工事の人にお詫びを入れて2件目にまわしてもらう。
工事の人曰く「じゃあ、14時頃行きますね〜」って。

家に帰り着いたのが13時30分頃。
部屋が散らかってたので片付けて、気がついたら13時50分。
お昼ご飯を食べたかったけど、もうすぐ来るかなぁと思って、我慢。


14時。

14時30分。

14時50分。


やっとキター!!!


なんでも、踏切がなかなか開かなくて往生したらしい。
電車のトラブルがここにまで影響するとは。

やっと工事が始まったけど、以前の住人がBフレッツを引いていたから
あっさり終わるかと思ったら大間違い。
先日の撤去作業のときに、業者が短めに線を切っていた関係で、
線を入れ替えることに。
配電盤から壁の電話のところまですぐのはずなのに、
なぜか途中で引っかかるし、やけに線が長い。
線を引くとなぜかとんでもないところからズルズルと音が…。

音がするところは隣の部屋。
嫌な予感がして、隣の部屋の押し入れを見る。

……
電話線の中継場所発見…orz
慌てて隣の部屋も片付けて工事を続行してもらう。


教訓。
すべての部屋を片付けておきましょう。


予定よりも長引いたけどなんとか工事完了。


工事後インターネットに繋ごうとして気がついた。
NTTからレンタルしているルータには無線LANカードが入っていないんだった…orz
買いにいかなきゃ。

仕方ないので有線で繋ぐ。
ま、速度的には問題ない。ようやくインターネットが使える生活に復帰です。

posted by ACCO at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引越日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

引越日記 その16(インターネット:前編)

仕事の都合で、自宅のインターネット回線は必須な私。

ちなみに、通常は光回線を新規に申し込むと開通まで3週間から2ヶ月かかります。
(これ大事!テストに出るよw)

電力系の光回線については詳しくないので省きますが、NTTのBフレッツの場合、
申し込み後、数日または1週間程度でコンサルの電話がかかってきます。
このコンサルでは、契約の確認から、開通までのスケジュールなどを打合せしたりします。
それから10日以上経って、現地調査(現調)があります。
現調は、実際に回線を引く場所(自宅とか…)まで担当の代理店さんがやってきて、インターネット回線の開通が可能かどうか調査します。
この段階ではまだ開通しません…orz
さらにそれから1週間以上経って、開通工事があります。
この日も、現地にいないといけません。

つまり、Bフレッツを引くためには、最低でも2日は自宅にいないといけないわけで…。
さらに、時間の指定が非常に困難で、土曜の午前中など人気のある日は、
1ヶ月以上待たされます。
私は、運よく平日に自宅にいることができたので、最短で開通までこぎつけることが出来そうで…した。



ここで、美味しいネタが…。
(いらね〜〜〜〜っつうの)



引越先に、前の住人が放置していった「回線終端装置」。
これは、Bフレッツを引き込む際に、部屋の中においてある機械なんだけど、
通常は転居などで解約または移動する場合は、その部屋からその機材を撤去します。
それなのに、おきっぱなしだったんです。
これがきっかけで、話がややこしい方向に進んでしまいました。


1.当初プロバイダ経由でNTTへ申し込もうとしましたが、回線終端装置の件を話したとたん、「すみませんがいったんNTTに相談してもらえますか?」って。
えぇ、気持ちはよくわかります。
これは確実に通常処理じゃなくなりますもんね。
ということで、素直にNTTへ問合せ。

2.問合せ電話番号がわからず、WEB上のフォームから問合せ。
→何日経っても、返事こない!!!!
ゴルァァァァ!あまりにも予想通りの展開にちゃぶ台返しするところだった。

3.仕方ないので、楽天経由で申し込み。
(楽天経由だと、10,000ポイントもらえるってキャンペーンやってたし)
今度は速攻連絡が来る。
回線終端装置については、別途連絡しますとのこと。(by NTT)

4.不動産会社の代理店から「NTTが○日にBフレッツの工事をするっていっているので、前の住人がおいていった回線終端装置を取りに行きたい」と連絡が入る。
え〜〜〜っと、NTTのコンサルはまだ終わっていないので、工事日知らないんですが、私。

5.翌日、NTTのコンサル電話が入り、通常通り現調と工事日が決まる。
つーか、4と5が逆だと思うが…。

6.不動産会社の代理店に連絡して、回線終端装置の撤去を依頼する。
何日も平日に自宅にいることが出来ないので、現調に日に合わせる。

7.現調の日の直前になって、NTTより私の自宅はBフレッツが通っているから、現調不要で工事可能といわれる。
…最初からわかってるだろ〜〜〜が。

8.不動産会社の代理店が回線終端装置の撤去に来る。

==========================
以上、本当に時系列で並べているのだが、要領悪いったらありゃしない。
無駄が多い。。。

来週、工事日なのだが、それまでにどんな追加ハプニングが発生することやら。

posted by ACCO at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引越日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引越日記 その15(当日)

引越当日。

業者は14時から16時の間に来ることになっている。
それまでに荷物の最終梱包作業を行う。
水周りや布団など、急ピッチで梱包作業。

ダンボールに丁寧に詰めている余裕がないので、
ガンガン詰めていく。
(これが後悔する羽目に…)


14時ごろ、業者から電話が入り、14時30分までには到着するとのこと。
思ったより早めに始まるので、ラッキー!
業者が到着後、まずは荷物の状況をチェック。
まずは、出せるものからどんどん出していく。
いやぁ、さすがプロ。
要領がいいですね。

ある程度荷物を出したら、大物(冷蔵庫とか洗濯機)を出していく。
これらは、当然ダンボールに詰められないのでキルティング素材のカバー
ハイパット)をかけて保護。
大手の引越業者などは基本的にこのハイパットを使ってるけど、
それ以外に古毛布でくるんだりという方法もあるよ。
丁寧に梱包しているおかげで、壁などに傷もつかないから安心。
しかも、冷蔵庫裏の埃とかも、業者の人が拭いてくれるので楽チン。

クローゼットにかけてある服はハンガーボックスを借りてその中にかけるから、しわにならない。
最初にハンガーボックスを借りれるかはチェックが必要。


一通り、荷物を出し切ったら新居への到着時間を業者へ伝えて、
急いで移動開始。
タクシーと電車を駆使して移動したら、トラックよりも30分以上早くついちゃいました。
トラックが着いたら、荷物をそれぞれの部屋に運び込んでもらう。
それぞれのダンボールに大まかな中身を書いているからそれを見ながら運んでもらって、電気をつけてもらってひとまず完了。
冷蔵庫だけは別日に、専門業者に設置してもらうことに。
これはお互いトラブルを防ぐために、このような仕組みになってます。
(漏水事故は怖いからね)

ここまで終わって、気がついたら夕方。
時間にして3時間ちょっとで終わったけど、ほんとにつかれた〜〜〜。
中腰で作業したおかげで、腰を痛めるなんておまけもついたし。。。

=つづく=

posted by ACCO at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引越日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。