2016年10月10日

後妻業の女 ネタバレあり

以前映画館の予告でみた「後妻業の女」。
大竹しのぶさんのインパクトが凄すぎたので見てきました。

PG12であり、内容も子供向けではないのでお客さんの年齢層高め。
60代以上の夫婦のような方もちらほらでいつもと雰囲気が違う。

後妻業とは…私の解釈だけど「余生が少ない男性と結婚し、遺産をがっつりいただくことを生業としている人」。
高齢者向けの婚活パーティーとかで金持ちで持病ありのターゲットを見つけて、公正証書作成させたら後は三途の川をいかに渡っていただくか…。

高齢者向けの結婚相談所のエースとして高齢者に近づく魔性の女「小夜子(大竹しのぶ)」と、結婚相談所の所長「柏木(豊川悦司)」の腹黒さが突き抜けていて気持ちいい。
小夜子はターゲットに合わせていろんな女を演じ分けられるあたり、大竹しのぶ以外のはまり役が想像できない。
小夜子たちに騙され殺されていく男性たちが津川雅彦、森本レオ、六平直政、伊武雅刀…大物ばかりだけど金持ちエロジジイっぷりがリアルすぎる。

所長の柏木の金に集る女に水川あさみ、樋井明日香。
この2人のエロスも見もの。

そして何よりも、笑福亭鶴瓶の狸爺っぷりがたまりません。
不動産王として小夜子に近づく舟山(笑福亭鶴瓶)。
小夜子も舟山に金のニオイを感じて近づくも、舟山の方が上手。
柏木が先に舟山の正体に気がついて小夜子に忠告するも、舟山の通天閣…いやスカイツリーにハマった小夜子は自分から手を引くことができず最終的には罵られて捨てられる。
まるで恵比寿さんや〜言われてた舟山の腹黒さは、笑ってるようで目が笑っていない笑福亭鶴瓶以外にはまり役いないでしょ。

その他、小夜子に父親の遺産をガッツリ取られた朋美(尾野真千子)と小夜子のガチな殴り合いも、本気の女の殴り合いで緊張感が半端ない。

ストーリーは爺を騙して死に至らしめるという胸糞悪い内容ですが、何故か笑える楽しい映画です。

絶対に地上波で放送されることがないので、DVDレンタル開始されたら一度位は見て見る価値あるかと。


posted by ACCO at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。