2016年05月22日

「うさぎドロップ」(漫画・映画)※ネタバレあり

非常に今さらだけど、「うさぎドロップ」の漫画を最後まで読んで、映画版も見てみました。

漫画は第1部のりんちゃん小学生時代までは読んでたけど、中学・高校生編以降はちょっとネタバレ情報を耳にしていて今までの作品に対する愛を失いそうで手が出ず。

=あらすじ=
祖父の葬式に行ったダイキチは、祖父の隠し子「りん」と出会う。
親戚中がりんを押し付けあって、施設に入れるか相談している姿を見て勢いでりんを育てる宣言してしまうダイキチ。
子育てなんて全くわからないアラサー男のダイキチと、6歳のりんとの生活ほのぼの漫画。

もちろん、ある程度は漫画のご都合主義的なところもあるけど、設定がしっかりしているから「保育園はどうする?」とか「小学校の入学手続きって?」みたいな話もしっかりあるし、なかなかおもしろい。
正直、小学校くらいまではほのぼの日常系に近い感じなので、映画になると聞いた時は恐れていたけど…やっぱり…。

漫画の2部の話の方は後にして、映画の感想。
もう、原作ファンの多くが同じ感想だと思うけど「コウキくんママ」のアレじゃない!感が半端ない。
映画は別次元のパラレルワールドの話だと思わないと見てらんない。
コウキくんママは、おっとり清楚系なんだよ〜〜〜!香里奈じゃないんだよ〜〜〜!
他のキャラクターが原作に近い設定だったんだから、重要な役のコウキくんママが大幅に設定からずれているのは本当にきつかった。

あと、ダイキチの妄想のコウキくんママとのダンスシーンはクドすぎ。
正直、全部早送りしたワ。

そう、ハリウッド版のドラゴンボールで亀仙人がエロジジイじゃなかった時と同じくらいの衝撃だよ!

まぁパラレルワールドだと思えばそれはそれでありでした。
個人的には正子さんがどういう風になるか楽しみでしたが、「こいつ何考えてんだよ!」みたいな見ている人がイライラする感じが出ててよかった。
(漫画版の最後の方では正子さんめっちゃいい人の印象になったけど)

映画版、松山ケンイチが好きな人なら楽しめるかと思います。



さて、漫画版の第2部。
コウキがチャラいのか一途なのか…一途なんだけどりんに受け入れてもらえない残念な感じ。
そのせいで、りんはダイキチへの気持ちに目覚めてしまうわけで。

もう!コウキがしっかりしていたら、りんはおっさんに取られなくてすんだのに何やってんだよ!
と突っ込みたくなる。

なんていうか、第1部で親子としてダイキチとりんを見ていたので、第2部の男女の恋愛関係への発展はちょっとベタすぎるし、血は繋がっていなかったとはいえ親子として生活していた2人が結婚とかちょっと頭痛い。
むしろ、第2部から始まって、第1部が回顧録みたいな感じで後から語られてたらもう少し違ったかも。

ちょっとディスってしまいましたが、個人的には第1部を読んでから第2部を読むまでかなりの期間が空いてしまったので、別物として捉えることができたので嫌いじゃないです(笑)
続けて読んでたら、確実に腹たってたかも。
もし続けて読んでたらダイキチはコウキくんママと幸せになって欲しかったって思うし。

個人的には、うさぎドロップの漫画版は第1部で一旦読むのを辞めて、期間を開けてから第2部を読むことをおすすめします。

うさぎドロップ 新装版 コミック 全10巻完結セット (フィールコミックスFCswing) -
うさぎドロップ 新装版 コミック 全10巻完結セット (フィールコミックスFCswing) -

うさぎドロップ [DVD] -
うさぎドロップ [DVD] -




posted by ACCO at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。