2015年03月06日

ゆうパック集荷 第3章

早速本日は集荷日。
予定より早くなったので、必死で20箱プラス1個の梱包。
15個は終わっていたので、昨夜から必死で追加。

予定時間にゆうパックの集荷担当さんいらっしゃいました。
まずは、荷物を見てもらい、本日集荷可能な個数を確認。

20個くらいなら行けるということだったので、21個お願いしました。
(1個は傘なのでサイズ小さめ)

今回の梱包にあたって、梱包箱は基本的に購入しました。
段ボール箱って確かにお店とかでもらえるけど問題点も多いんだよね。
スーパーでもらえる箱→重いものを想定していない場合が多いので大きい箱は薄い。厚い箱は小さい。
電器店でもらえる箱→重いものを想定しているけど、大きすぎる。

引越し業者を使っての引越なら、通常「家」→トラック→「新居」だからいいけど、ゆうパックなど通常の配送業者を使うと「家」→トラック→営業所→トラック→営業所→トラック→「新居」で載せ替えが何度かある。
輸送先に寄っては、さらに中継地点で載せ替えたりする。
つまり、何度も載せ替えがあるので箱の耐久性は重要!

というわけで、引越代金が浮くので輸送時トラブルを防ぐための保険ということで箱を購入しました。



箱の底を止めるのは布テープ、上はクラフトテープで使い分け。
クラフトテープだと、やっぱり重量がある時は耐えられないからね。
でも、ふたは安いクラフトテープで十分だもんね。

そんなこんなで梱包した21個、ゆうパックの担当者にも「いやぁ、普通は引越しとかだと薄いダンボール多いのでいいダンボール使ってもらうと助かります」って言われました。

これは自衛でもあるんだよね。

さて、21個の荷物を東京から宮崎県(南九州扱い)で出荷した結果の金額は、引越し業者を使う金額の1〜2割。
今回は家電などがないので、もしかしたら4〜5割なのかもしれないけど、とにかく安くすんだことは間違いないです。

長距離引越なら、家電を処分してゆうパック!これお勧めです。




posted by ACCO at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引越日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。