2012年11月28日

脱原発・卒原発

来月の衆議院議員選挙の争論の一つに「原発問題」が掲げられている。

昨年の福島原発の件から問題になっている事だけど、そんなに簡単に答えが出る事なのかね?

原発の反対なんて、原発の建設の時から日本各地であったわけで、それを無視して建設された。
民主党の議員の中には「原発の建設を許可したのは自民党の責任だから…」云々おっしゃる方々がいらっしゃるようですが、じゃあ貴方たちは事故があるまで反対運動はし続けていましたか?と。

何も行動していなかったのは容認と同じじゃん。

自民党だけの責任にするんじゃなくて政府全体の責任として考えて欲しいものだ。


さて、脱原発のデモとか各地で行われているけど、原発を止めたあとの代替エネルギーについては全く進展がみられない。
選挙のマニフェストに「脱原発」を掲げている政党もあるけど、じゃあ原発辞めてその後は電力供給源はどうするの?って思う。

何年後に原発をすべて廃炉にしますって無責任な事言うなら私だって言えるさ(笑)

そうじゃなくて、将来的に継続可能なエネルギー供給のための研究、開発に尽力し、最終的には何年頃までにエネルギーを入れ替えますって言うのが本当じゃない?

バカみたいに目立つ事だけ言ってる政党に日本の将来は任せられるのか?


posted by ACCO at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。