2012年11月17日

せっけんシャンプー

ここしばらく、シャンプーは石けんシャンプーに変えている。

最初は、ノンシリコンシャンプーを使ってたんだけどちょっとお値段高いのでいろいろ調べてたどり着きました。
別に「シリコンはよくないから使わない!」っていう立場ではなく、どんなに洗ってもよく首筋に吹き出物ができちゃう事があるから、シンプルなものに変えてみた。

最初は普通の固形石鹸で試してみたけど難しい。

液体の石けんシャンプーに変えてみた。

本当にシンプルという意味でこれにしてみた。
無添加せっけんシャンプー本体 350ML

無添加せっけん専用リンス本体 350ML


素材をみるとめちゃめちゃシンプル。
「石けん素地」「水」以上。

石けんシャンプーはちょっと手間がかかるけど、手間をかけないとダメ。
よく「ごわごわ、ギシギシで最悪」って意見があるけど多分普通のシャンプーと同じように使ってるんだろうね。

最初にブラッシングをしてから予備洗い。
お湯で丁寧に地肌をもみ洗い。
これでほとんどの汚れが落ちるらしい。

ミヨシの石けんシャンプーは水っぽいから最初はビックリする。
でもそこにお湯を足して、泡立てネットで泡立てて頭にのせる。
ここでも地肌をもみ洗い。
髪の毛を洗うって言うより、地肌を洗う感じにする。

泡がへたってきたらお湯でしっかり流す。
この時の髪はギッシギシ。
特に石けんシャンプーを始めたばかりの頃はひどかった。

よく、シリコンのせいだっていう人がいるけどどうなんだろうね。

しっかり洗い流したら、洗面器に少しお湯を入れてリンスを入れて混ぜる。
そこに髪の毛を浸す。
長さが足りない場合は手ですくって髪にかける感じかな。
どばどばって髪にかけると、目に入った時に半端無くしみるから少しずつがいい。

髪全体にリンスが行き渡ったらまた丁寧にお湯で流す。
リンスをつけた段階でギシギシがなくなるんだよね。
だからって油断してしっかり流さなかったら今度はべたついた髪になっちゃう。


最初の頃は加減が分からなくて何度も失敗もしたけど、慣れてくると乾かした時にサラサラになる。

私の場合はこの状態で物足りないので、洗い流さないトリートメントを使ったりして仕上げ。

まぁ普通のシャンプーでもここまでしっかり手順を踏めば髪がいい感じになるんだろうけど、シリコン入りのシャンプーに戻る勇気がない。



ちなみに、最近はこっちも使ってみてる。

arau.(アラウ) せっけんシャンプー 本体 350ml(石鹸シャンプー)

arau.(アラウ) ヘアコンディショナー 本体 350ml

香りはいいんだけど、さっぱり感は少ない。
う〜ん、たまに気分転換で使うならいいけどやっぱりミヨシが一番かな。


posted by ACCO at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。