2011年07月17日

食の安全と政府の対応

あ〜やっぱりか…という感想。

ここ数日、出るわ出るわ福島県産の牛肉からの放射性セシウム。

しかもあっという間に国内のほとんどに流通してるのが判明。

風評被害と言われようが福島県産の食品を食べてない人が勝ち組になっちゃったね。

結局は政府と東電が放射線が漏れてる事を初期にひた隠しにしてた事が原因だよね。

補償問題になるのがいやでひた隠しにしてたとしか思えないわ。

これで日本の食の安全に対する信用は世界中から失われることになるね。

もうなんて言うか、怒りを通り越して呆れてしまうんだけどさ、政府なにやってんの?
日本をブッ潰したいわけ?

口蹄疫のときも出遅れて多くの牛を無駄に殺すはめになって多くの畜産農家を苦しめたくせに、今回も出遅れて挙げ句に今度は日本国民全体を苦しめるとか…。

はぁ…。

昨日行った居酒屋で牛肉のメニューがたくさんあったけど、外食で牛肉を食べる気にはならないわ。
今食べるとしたら九州のお肉しか使ってないようなお店じゃないと安心できない。
(物産館直営のレストランとか、ミヤチクとかね)

ちょっと前のユッケの問題も然りだけど、これからは特に安いお店で肉を買うとか食べるとか敬遠してしまうわ。


あ、でも私そんなに牛肉って食べないんだったわ(笑)




posted by ACCO at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。