2010年07月18日

クーラー苦手な家庭におススメのベビー用ゲート


赤ちゃんやペットのために、ゲートを設置している家庭は多いと思いますが、ほとんどが廊下などに取り付けるものばかり。

ですが、今年、サッシに取り付け可能なゲートが登場しました。

とはいえ、最近はサッシのサイズも色々ありますので、まずは取り付けたいサッシが対応しているかどうか確認が必要です。

片側間口74~92cmのアルミ製サッシ。(樹脂アルミ複合タイプは不可)
※別売拡張フレーム・ワイドパネルを使用すれば最大122cmまで設置可能。

2枚引き違いサッシの掃き出し窓(テラスタイプ)。

厚さ2.5mm以下の下部レールがあるサッシ。

幅30mm以上のスペースがあるサッシ枠(取付ボルトでゲイトを固定する為に必要なスペース) ※サッシの形状により設置できない場合がございます。



この条件をクリアしていれば取り付けられるゲートです。


このサッシゲイトは、サッシだけじゃなく室内にももちろん取り付け可能。
だからもし購入してどうしてもサッシが未対応だった場合は…家の中に取り付けちゃえ(笑)


さて、どうしてこんなゲートが生まれたのか。

身の回りで聞いたことがありませんか?

その1
洗濯ものをちょっと干そうと思ってベランダに出たら子どもに鍵を閉められてしまった。
子どもは面白くてやってるから、開けて!って言っても伝わらなくて数時間締め出されてしまった…。

その2
ちょっとベランダに出るだけのつもりでうっかり開けっ放しにしてたら
いつの間にか赤ちゃんがベランダにでてひやっとした!


そういう事態を防ぐために、おススメなゲイトです。
これからの一番暑い季節はもしかしたらそんなに需要がないかもしれませんが、涼しい季節がやってきたらかなり需要がありそうな商品です。




posted by ACCO at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベビー用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。