2010年04月24日

びっくり話

私の直接の体験ではなく見聞した話ですが…。

最近は、何というかびっくりするようなコールセンターへの電話があるようです。

電池を使う商品のビックリ\(◎o◎)/!な話。


電池の種類とかメーカー、新旧が混ざっていると調子が悪くなるっていうのは、常識だと思ってましたがそうではないようです。
そのことを指摘すると、「電池は電池だ」と怒られる。

電池で動くことが明記されているのに「動かなくなった」「壊れた!」と返品された商品の電池を入れ替えたら動くなんて年に何度もあるようです。
返品まで行かなくても、「壊れてる!」というクレームに対して「電池は変えてみましたか?」と聞くと、「変えてない」と堂々と即答されるそうです。

…じゃ、変えてみましょうよ。

この手の電話は電池系の商品に対する問い合わせの半分以上を占めて、さらに本当に故障しているのは数割程度だとか。
ほとんどが、電池に関する勘違いばかり。
しかも、老若男女問わず問い合わせがあるらしいんです。


今の世の中、身の回りには電池で動くものがたくさんあるのに、どうやって生活しているんでしょうかねぇ。

電池は「使いかけのものと新しいものを混ぜない」「電池で動くものが調子悪くなったら取換える」「安い電池はハズレがある場合もあるので、故障を疑う前に別の電池で試してみる」という事くらい覚えておいて損はないと思います。




posted by ACCO at 12:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | サポセン回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。