2016年03月11日

5年前のあの日

5年前のあの日、千葉県内の某所で通販の受電の仕事してました。
14:45から休憩の人たちが席を立った直後に揺れ始め
最初は軽い揺れに「うわぁ、地震だねぇ」とヘラヘラしてたけど、どんどん揺れが大きくなってみんな顔面蒼白。

事務所内の水槽から水が溢れ
来客用の食器棚から食器が飛び出し
パソコンのモニタが倒れ始め…

電話中のスタッフは電話を切れずオロオロ…
電話の相手が揺れてる地域の方ならともかく
西日本の方と話をしていると相手にあの緊迫感は伝わらないわけですから。

1番仲の良かった子と抱き合って震えてた数分間。

揺れがおさまってから、社長による避難指示。
寒空の中、訳もわからず駐車場に避難。
みんな家族に電話するけど、携帯電話が繋がらない。


とにかく大きな地震があったのは理解したけど、あまりのショックにみんな呆然。

カーナビのテレビで東北の津波のニュースを見て、自分達のいる所よりも大変な地域がある事を知りさらにショック。

会社の電話もつながらないので、社長よりこの日はそのまま帰宅指示。
車通勤の人が多かったので、殆どの人がすぐに帰宅。
私は電車通勤だったので他の人に送ってもらって帰宅。

帰宅途中に公衆電話を見つけて、実家に電話。
まだこの時は何が起こってるか両親も理解してなくて、気が抜けるほどあっさりした反応。

家に帰ったら速攻で貴重品まとめて、何度もやってくる余震におびえながら玄関に近いリビングで1晩過ごしたのを忘れない…



posted by ACCO at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

なでしこジャパンについて勝手に思うこと

なでしこジャパンの今回のリオ五輪予選をテレビで観戦し、サッカーについては全くの素人なりにいろいろと思うところがある。

今のチームは「勝つ」いうことに対しての貪欲さがなさすぎる。
なでしこジャパンは昔から強かったわけじゃない。
昔は粗削りながら、ひたすらチャンスを狙って楽しそうにそして貪欲に相手に勝負を挑んでいた。
今は、個人個人のスキルは上がったけどチームとしてはお上品にまとまったプレー担ってると思う。
なんていうか20年以上前の日本男子サッカー代表みたいな感じ。

そもそも今大会でチームが噛み合ってない雰囲気が伝わってきた。
宮間さんは今までの流れを組んで、キャプテンとして勝ちにいってるのが伝わってくるけど、他の選手との温度差がありすぎてから回ってる感じが見ていて辛い。
W杯の頃は、新キャプテンとして気負いすぎて空回りしているのかと思ったけど、今大会を見てると温度差がありすぎて空回りしているようだ。
指示がうまく伝わっていなかったり、一人で動き回っている姿は痛々しい。

あとは監督との距離感。
監督の表情を見ていてもチームがうまくまとまっていないのが伝わってくる。
監督が思うようなチームが作られていないのは明白。

世代交代がうまくいかず、新しく生まれ変わったチームがまとまっていないのが今回の五輪予選敗退の原因だろうな。

これは、監督やキャプテンだけの問題じゃなく、選手一人一人の意識の問題なんじゃないだろうか。
確かに以前の王者を追いかける立場から、追われる立場になったプレッシャーは大きいだろうし状況や環境が違うのはわかる。
でも、このままじゃ日本の選手は伸びていかないだろうなと感じる。

またいつか、なでしこジャパンがワクワクさせてくれるようなチームに生まれ変わってくれることを期待しつつ応援したいと思う。

posted by ACCO at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。