2015年05月29日

その後Apple Watchはいかがですか?

4月24日に発売されたApple Watch。
発売当初はメディアを騒がせていましたが、1ヶ月ちょっとたった今、あまり話を聞かなくなりましたね。

今までAppleで新しいデバイスが発売されると、数ヶ月は「入手困難」「大人気」などの話題で持ちきりだったのに。
iPodやiPad、iPhoneなどの時に比べると下火になるのも早いというか…。

レビューを書くためにApple Watchを購入した人たちは、元を取るためにも一生懸命いいところを探して記事にしているようですが、そもそもApple製品で「いいところを探さないといけない」時点で及第点に及ばない商品なんじゃないでしょうか。

今まではみんなが欲しくなる魅力があり、最先端のデバイスという特徴があったのに、Apple Watchに関しては残念ながら後追いのデバイスになってしまいました。
ジョブズが生きていたらなんて言いたくないのですが、もしジョブズが生きている頃であれば発売にOKを出さなかった商品じゃないでしょうか。

対応アプリについては今までのデバイスの中では早期にある程度提供されている方ですよね。
条件は悪くないのですが、デザインや機能が問題なんじゃないかと。

デザインについては、本当に微妙すぎ。
iPod nano 第6世代にベルトを付けたようなデザイン。
四角じゃなくて丸型だったらもっと画期的だったんじゃないですかね。

次にバッテリー問題。
ウェアブルデバイスの側面を持ちながら、バッテリーが持たないのは致命的。
一日程度しか持たないのは、他社のスマートウォッチと大差ないという残念な状態。
もしこれが「Apple Watchなら1週間充電しなくても大丈夫」とかだったら爆発的に売れているに違いありません。
せめて2日は持たないと、だれでもうっかり寝る前の充電忘れなんてやっちゃうはず。
朝起きて充電切れだったら丸一日使えないのは致命傷です。

あと、iPhoneがBluetoothをONにしっぱなしだとバッテリー消費がめちゃめちゃ早い点も改善して欲しいところ。
Apple Watchに限らず、他社のスマートウォッチでも使用しているとiPhoneのバッテリーがあっという間に減ってしまうって声が上がっています。

私も長年Apple信者ですが、今回は本当に心動かされることがありませんでした。
Apple Watchで記事を書いたり、関連商品を販売している人たちはせめて1年は売れてもらわないと困るから、必死で褒め続けるとは思います。

あと1年早く発売されていたらもっと人気がある商品だったかもしれません。
価格や多少の不具合は、初代ならつきもの。
人柱なんて呼ばれてでもApple製品を持っていることに誇りを持てた時代もありました。

今はマスコミが騒ぎ過ぎなせいもありますが、意識高い系以外の人からみたら「メディアに踊らされている」人に見えなくもないのが悲しいところ。

Appleがスマートウォッチのジャンルでトップを取ることは難しいと思います。
スマートウォッチに興味がある人は、Apple Watchの半額程度で似たような機能のものや、デザイン性に優れたものがありますのでそちらを検討したほうが満足感は高いんじゃないでしょうか。



posted by ACCO at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

坂井泉水さんの死去から8年

あっという間ですね、月日が経つのは。

8年前、訃報を知ったのは忘れもしない浅草線の電車の中。
営業先に行こうとしてた途中、携帯のニュースで訃報を知ってびっくりして動揺したのを覚えています。

動揺しすぎて、今どの駅まで来たのか、どこで降りるのか忘れて頭が真っ白になってしまい違う駅で降りて営業先に遅刻したのは苦い思い出です。
きちんと「訃報に動揺しすぎました…」と謝罪したら、その後ZARDの話題で持ちきりになり営業どころじゃなくなりましたが…。

彼女の作った曲は、今聞いても古臭さがなく一昔前の曲だなんて思えない曲ばかり。
私はZARDの曲は好きっていうくらいの軽いファンだったけど、今でも時々聞きたくなります。

学生時代、カラオケで必ず誰かがZARDの曲うたってたっけな…。
なんとなくしんみりとした気分になります。

たまにはZARDの曲でも聴きますか。

ZARD ALBUM COLLECTION~20th ANNIVERSARY~ - ZARD
ZARD ALBUM COLLECTION~20th ANNIVERSARY~ - ZARDZARD SINGLE COLLECTION~20th ANNIVERSARY~ - ZARD
ZARD SINGLE COLLECTION~20th ANNIVERSARY~ - ZARD

posted by ACCO at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

ヤマダ電機の閉店騒動

ここ数日、ヤマダ電機が40店舗ほど閉店させるというニュースが話題になってますね。

私の地元は閉店対象じゃなさそうです。
ヨドバシとかビックカメラ、Joshinのようなライバル店がいないから売上も悪くないのかしら。

高齢化が進む地域ではネット通販への移行が遅いから、まだまだ利用者も多いのかもね。

ヤマダ電機は、通販や周りの競合店舗にだけ負けたのかというとそうじゃないと思います。
店員の質の低さも原因の一つじゃないでしょうか。

私の親が某店舗にてテレビを買おうとしたら、親が買いたいサイズがお店のおすすめサイズじゃなかったらしく「そんなサイズを買う人今どきいませんよm9(^Д^)プギャー」状態だったらしいです。
どうしても設置する場所の都合で、買いたいサイズが限られていたのにそりゃ無いですよね…。
もちろん、他の電器店にて購入したそうです。

他にも、ほしい商品の価格が他店より高かったので、「他と同じなら買うんだけど…」と言ったらやはり「じゃあよそで買えば?」という対応。

あまりにも上から目線の対応にムカついて親はしばらくヤマダ電機では絶対に買い物しませんでした。

その後、地元にヤマダ電機の新しい店舗ができ、そこのお店にきちんとした店員がいたため地元のヤマダ電機では買い物するようになりましたが…。
ただその次元のヤマダ電機も、他の店員は声をかけてもスルーしたり質問しても全く違う答えをしたりとトンデモ店員ばかり。
私も小売の仕事していましたが、商品の保証期間開始日が「製品の製造日」だなんて話、生まれて初めて聞きましたよ。
(2014年に型落ちの2013年製造の商品を買ったら、保証期間は2013年から1年間だなんて説明したそうな)

経営が苦しくて、まともな店員を雇えないんでしょうけど、このままそういう部分を改善せずに経営を続けていくなら、東京オリンピックの頃にはヤマダ電機なんて消えてしまいそうですよね。

posted by ACCO at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

面接のアピールについて

私が現在住んでいるところは田舎なので、良くも悪くも昔ながらの日本人感覚が残ってます。

ちなみに私の母は正社員としての会社勤め経験はありません。
(自営業とパートの経験のみ)

先日、母と面接について話をしていたら
「あんまりでしゃばってアピールしないほうがいいんじゃない?」
とのアドバイス。

いやいやちょっと待ってよと。
面接は1回きりのチャンスなのにそこでアピールしないとか馬鹿じゃんっていうと

「でも、◯◯(母の趣味の会合)に行ってる時とかあんまりアピールする人って、みんなから嫌われてるし」

趣味の集まりのお友達と、会社の採用は全く意味が違うよと言っても納得出来ない母。

じゃあ、1万円ぴったりで服を買うのにどっちを選ぶ?
A.とりあえずちゃんと着られる洋服です。
B.高級な生地で、スタイルがよく見えるデザインで作っています。もちろん丈夫でいつまでも着られます。

Aもいいかもしれないけど、よくわからないしBはよさそうだよね?それでも同じ金額を払わなきゃいけないのにAを選ぶ?
そう聞いたら母は苦笑い。

買い物も採用も一緒だよ。
同じお金を払うならいいってわかってる方にお金だすに決まってるじゃない。

そこで母親もとりあえず納得。

私の地元の悪い慣習。
出る杭は「叩きのめす」。
今もなお健在でした。

posted by ACCO at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

子どもの声、うるさい?

ちょっと前に話題になった「子どもの声でうるさくなるから、保育所を近所に作るな」という住民の話。
毒吐きたくなってきた。

うるさいのはうるさいですよね。
子どもが嫌いな人もいますからね。
でも、保育所作るの反対っていうのはかなり腹が立ちます。

実家は細い道路を挟んだ目の前に保育所がありました。
(今は、保育所は少子化のため他の園と統合されて移転しています)

めちゃめちゃうるさかったです。
新しい子どもたちが入ってくる4月から5月にかけては、朝は親と離れる子どもとの絶叫。
昼間は運動場やプールで遊ぶ子どもの歓声。

木造の我が家は防音なんて無いので常に子どもたちの声が聞こえる家でした。
子供の頃からずっとそういう環境にいたので、「うるさいなぁ」とは思うことがあっても別にそれだけのこと。

以前住んでいたところも、夕方になると小学校から帰ってきた子どもたちの声がうるさかったけど、別に「うるさいなぁ」って思う程度。
文句を言うなんて思いもつかなかった。

最近の住宅なら、窓を閉めればある程度は静かになりますから。
車の騒音よりよっぽど静かです。

反対しているのはよっぽど静かな住宅街なのかしらねぇ。
そんな地域に親がすんでたとしても、近所迷惑で怒られそうだから子どもを連れて里帰りとか顔見せとかいけなさそうですね(笑)

保育園が作れない→子どもがいる世帯がすめない→高齢者世帯ばかりになる→何かあっても助けてもらえない、若い世代がいないからお店なども新規出店しない

そうなると、都内に高齢化による過疎地域が出来上がるんじゃないですか?

こういう高齢者がいるから、若い人に「年上を敬え」って言われても困るんですよね。

posted by ACCO at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。