2015年03月31日

のんびり一人旅(1日目)東京から彦根

一人旅初日は、東京から彦根まで移動。
IMG_3031.JPG
IMG_3032.JPG
途中、名古屋で昼食と夕食の調達が今日のミッション。

まずは8時前に上野駅から電車に乗って山手線で東京駅へ。
通勤ラッシュの時間帯に大きな荷物を持って乗車してごめんなさい。
心の中で謝りながらの通勤ラッシュ体験最終日(笑)

東京駅からは東海道本線に乗り換えです。
まずは東京から熱海行きへ乗車。
横浜方面への通勤で混雑する電車内で大きな(ry

東京から離れるに従って、徐々に乗客も減り、横浜を過ぎたあたりでようやく座席に座れました。

熱海駅で乗り換え。
時間があればちょっと散策したかったけど、無理だったのでホームからの景色のみで我慢。

その後、吉原駅を通過中に富士山がドーンと 眼前に!
他のところを通過するときにも、チラチラ見えていたけど駅のホームで一番きれいに見えていたのは吉原駅。
その後の富士駅などはホームからは残念なくらい富士山が見えなかった。

電車の揺れってなんで気持ちいいんだろうね。
だんだんとウトウトしてしまい、途中乗り越したか?って焦るもセーフ。
無事に東静岡駅で乗り換え。
その後、天竜川駅、豊橋駅と乗り換えの連続。
今はナビタイムや乗り換えのスマホアプリがあるから便利だけど、昔の時刻表頼みの頃だったらこういう知らない土地の旅行は旅行好きじゃないと無理だよなぁと時代の進化に感謝。

その後、名古屋駅でようやく小休止。
ロッカーに荷物を預けて散策♪と企んでいたのに、どこのロッカーも満杯。
小さいサイズのロッカーは空いているのに、大きいサイズは全滅…。
天気もどんより、心もどんより。

落ち込んでいても仕方ないので気を取り直して、食事へ。
荷物がなければ、駅の外をブラブラしながら探そうと思っていたけど、さすがに大荷物を抱えて移動は無理なので近場のエスカ。

矢場とんに行こうかと思ったけど、忠助というお店でも味噌かつ定食が食べられるようだったので入ってみた。
IMG_3033.JPG
味噌かつ、実は初体験でしたが「ふーん、これが味噌かつか…」という感想。
薄味好きなので、どうも名古屋の食べ物はそんなに好みではないのかもしれない。
お店の雰囲気は居酒屋っぽい雰囲気で好き。
別のメニューも気になるものいっぱいで、壁のメニューを見ながら脳内で「孤独のグルメ」ごっこ。
井之頭五郎になりきって「なるほど、そうきたか」とか「あのメニュー、なんだろう」とか心の中でつぶやいたり、他のお客さんの様子を観察したり、ひとり飯での楽しみの一つ。

食後に高島屋の地下食品売り場にて夕食を調達。
とりあえず、山ちゃんの持ち帰りもゲット。

時間に余裕があったので、スタバにも寄って飲み物調達。
スタバのタンブラー、念のために持ってきていて良かった。

時間もいい感じになってきたので、名古屋を後にして彦根へ。
大垣、米原で乗り換えて彦根着が18時前。
駅のすぐ下のコンビニがあったので、飲み物と朝食用のパンを調達。

この日のホテルは「彦根アートホテル」。


駅から徒歩10分くらい。(ホームページの表記は7〜8分)
雨が降っていたけど、途中まではアーケードがあったので助かりました。
駅から彦根城方面に向かって歩くので、駅からちょっと離れているけど彦根城に行きたい人にはオススメのホテル。

このホテル、口コミでフロントの対応が絶賛されていたので、ちょっと楽しみにしてたんだけど、口コミ通りのすてきなフロントさんでした。
チェックイン時に「朝、チェックアウトした後に昼前まで彦根城に行きたいんですが、荷物預かってもらえます?」と聞いたところ快く了承いただけました。
また、「今日は寒いので電気毛布使って暖かくしておやすみください」の一言に、心も温まりました。
ホテル到着まで体は冷え切ってましたが、心がぽかぽか暖かくなるフロントのおじさんです。
ちなみに、チェックアウト時には前日に質問したことを覚えていてくれて「荷物は預かりますので、気をつけてゆっくり観光してきてくださいね」と先におっしゃっていただけました。
覚えておいてもらえるって、客として本当に嬉しいですよね。

部屋は、部屋もベッドもシングルなのに広めなのが嬉しい♪
口コミなどでは「部屋が狭い」という書き込みもありますが、都内のビジネスホテルに比べたらめちゃめちゃ広い。
また彦根に行く機会があれば、ここに泊まりたい!と思える素敵なホテルでした。


posted by ACCO at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のんびり一人旅(0日目)

仕事を辞めて、東京から宮崎に戻ることにしたわけですが、
ただ宮崎にブーンと飛行機で飛んでも面白くない。
せっかくなので、青春18きっぷを使ってのんびり旅をしながら移動することにしました。
(結果、18きっぷの元が取れていない日がありますが、ご愛嬌で。)

まずは、移動ルートの選定と宿の予約。
東京をスタートし、まずは彦根で一泊。
次に京都で一泊。
さらに、岡山、松山と移動して最後に宮崎に到着する流れです。

宿は「泊まれて部屋に鍵がかかればいい」
そんな貧乏旅です。

初日の移動距離が多いので、東京を朝出発するため、上野に一泊することにしました。
上野で泊まったホテルはここ。
ホテル・パークサイド


上野駅から徒歩7〜8分。(ホームページの表記だと6分だけどもう少しかかるイメージ)
不忍池沿いにあるホテルです。
レディースプランでの宿泊だったのでアメニティ付き。

部屋は狭いですが、寝るだけだから問題なし。
フロントの対応もいたって普通。
上野駅すぐそばではなく、不忍池の前なので夜も静かでコンビニも歩いてすぐなので便利。
可もなく不可もなく、私の中では☆☆☆☆くらいの評価です。

posted by ACCO at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

地方の転職事情

さてようやく宮崎県に移動して約10日が経過しました。
その間、
ダラダラしたり
転居の手続きしたり
ダラダラしたり
退職に伴う手続きをしたり
ダラd(ry

のんびりしていました(^_^;)

とはいえ、一応転職活動もしていたりするわけで。
今回は、初めて「辞めた後に仕事決まっていない」&「地方での転職活動」です。

甘く見ていました。

ハロワに行ってみるも月給を見てめまいがするかと。

「え?なにこれ?週給とかじゃないですよね?月給ですよね?あれ?単位はドルですか?」

ヤヴァイです。

ハロワでの転職活動に心折れそうです。

同時にいつも通り、ネットでの転職サイトに登録。
今までの転職活動の際には、山ほどのスカウトメールが来ていましたが…
毎日来るのは転職サイトの新着情報ばかり。(しかも勤務地東京とかだし…)
年齢的なものもあるかもしれないけど、1年前の転職とは大違い。
地方での転職、恐ろしい!そりゃ若い人たちは都会に流出しますよ。

posted by ACCO at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

ゆうパック集荷 第3章

早速本日は集荷日。
予定より早くなったので、必死で20箱プラス1個の梱包。
15個は終わっていたので、昨夜から必死で追加。

予定時間にゆうパックの集荷担当さんいらっしゃいました。
まずは、荷物を見てもらい、本日集荷可能な個数を確認。

20個くらいなら行けるということだったので、21個お願いしました。
(1個は傘なのでサイズ小さめ)

今回の梱包にあたって、梱包箱は基本的に購入しました。
段ボール箱って確かにお店とかでもらえるけど問題点も多いんだよね。
スーパーでもらえる箱→重いものを想定していない場合が多いので大きい箱は薄い。厚い箱は小さい。
電器店でもらえる箱→重いものを想定しているけど、大きすぎる。

引越し業者を使っての引越なら、通常「家」→トラック→「新居」だからいいけど、ゆうパックなど通常の配送業者を使うと「家」→トラック→営業所→トラック→営業所→トラック→「新居」で載せ替えが何度かある。
輸送先に寄っては、さらに中継地点で載せ替えたりする。
つまり、何度も載せ替えがあるので箱の耐久性は重要!

というわけで、引越代金が浮くので輸送時トラブルを防ぐための保険ということで箱を購入しました。



箱の底を止めるのは布テープ、上はクラフトテープで使い分け。
クラフトテープだと、やっぱり重量がある時は耐えられないからね。
でも、ふたは安いクラフトテープで十分だもんね。

そんなこんなで梱包した21個、ゆうパックの担当者にも「いやぁ、普通は引越しとかだと薄いダンボール多いのでいいダンボール使ってもらうと助かります」って言われました。

これは自衛でもあるんだよね。

さて、21個の荷物を東京から宮崎県(南九州扱い)で出荷した結果の金額は、引越し業者を使う金額の1〜2割。
今回は家電などがないので、もしかしたら4〜5割なのかもしれないけど、とにかく安くすんだことは間違いないです。

長距離引越なら、家電を処分してゆうパック!これお勧めです。

posted by ACCO at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引越日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

ゆうパック集荷 第2章

忘れてましたよ、私がトラブルを引き寄せる体質だということを。

午前中に郵便局に電話して、ゆうパックの集荷を依頼したところ、先週聞いた話と違って予約が多いと受け付けできないとのこと。
詳しい担当が午後出社のため、改めて午後に電話します…というところまでが前回のお話

午後に折り返しということなので、午前中に諸々の用事を済ませていつでも電話に出られるように待機。
着信を気にしつつ、梱包作業などを進める。

さてここで私の大失敗が判明。
午後の電話、時間約束していない。
通常、午後出社とかいうと13時とかだと思うけど、分からない。
もしかしたら14時出社かもしれないしな…。

仕方なく、暫く待つことに。

14時。
15時。
16時。

…着信なし。

嫌な予感しかしない。
16時30分にこちらから催促の電話。

電話に出た女性に事情を伝えると、調べて折り返しますとのこと。

正直ここでマジでうんざり。
午前中の人とは違う人だったので、その人に文句を言っても仕方ないので我慢しましたが、同じことを何度も説明するって本当に面倒。

また何時間も待たされるのかなとイライラ度80%、このまま放置されて集荷されなかったら終わりじゃん!という焦り20%で待つこと5分。
折り返しの電話があり、再度状況を詳しく説明したところ分割集荷で明日の午後に集荷に来てくれることになりました。
明日、積みきれなければ明後日に再集荷。
そして、明々後日に最終集荷。

なんとか集荷可能になったからいいけど、もやっと感が残る。
明日はのんびり転居手続きと残りの梱包だけと思っていたんだけど、明日の午後に8割集荷となる可能性が出てきたのでこれから梱包作業と送り状作成です。

今回はゆうパックにかなり振り回されそうです。

posted by ACCO at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引越日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。